やさいとせかい

「めぐる八百屋 オガクロ」と「走る八百屋カー オガクロ」のオーガニック クロッシングです。

移動しない八百屋、はじめます。

いつもお世話になっています。オガクロ出口です。

今回はみなさんにお伝えしたいことがあります。

2011年に移動販売の八百屋として立ち上げたオガクロもみなさんに応援していただいて丸7年。

この緑の八百屋Carも認知されるようになって来ました。

f:id:organiccrossing:20180204205040j:image

そして末広がりの8年目に新しい一歩を踏み出します!

この度「移動しない八百屋」

つまりオーガニッククロッシングの実店舗を構えることになりました(*^▽^*)

 

場所は阪急宝塚線の「山本駅」の駅から徒歩2分のところ。

「ん、山本?どこ?」となった方もいるかもしれませんね(^◇^;)

阪急宝塚線の「山本駅」は宝塚駅から4駅目、池田駅から3駅目です。

ローカルな駅ですが落ち着いていてとても気に入っています。

店舗はその駅から見えるところになります。

f:id:organiccrossing:20180204205905j:image

道路向かいは健康ごはんと美味しい珈琲「つばめ軽食店」さん。

オーナーさんの優しい雰囲気がお店いっぱいに広がっていて、

いつもお客さんで賑わっています。

ココロノツキ(ソラマメ珈琲)さんの珈琲もいただけますよ。

そしてお隣は手食のできるスリランカ料理のお店「シャンティランカ」さん。

オーナーさんやスタッフさんの笑顔に癒され、

手で食べるスリランカ料理の美味しさにはまってしまいすでに大ファンです。

こんな良いお店に囲まれているなんて本当に嬉しいし心強いです(*^▽^*)

 

さて、ここからは流域の八百屋の視点で山本という場所を見ていきたいと思います。

どうしてもそういう視点になってしまいます…(^◇^;)

地図を見ると東に猪名川、西に武庫川が流れ、

北摂山地の農山村と伊丹台地から尼崎平野に広がる市街地のちょうど真ん中に位置しています。

黄色い☆印が山本です。

f:id:organiccrossing:20180204212034p:image

地図を俯瞰してみると見事に森と町が分かれているのがわかります。

山本から尼崎の海まで約20キロ、反対に山本から猪名川源流まで約25キロ。

それぐらいの範囲に住んでいる人たちがお互いに協力し理解し合いながら、

暮らしのこと、食のこと、農のこと、地域のことなどを

一緒に考えていけたらいいなぁといつもおもっています。

今回の店舗がそのための「ヘソ」であり「crossing」になれたら良いなー。

イメージは大きな8の字の交差してる部分です(*^▽^*)

また南は尼崎から北は能勢まで点在している

オガクロとお付き合いのあるお店13店舗(ピンクの印)の真ん中でもあって、

そのほとんどのお店に30分程度で辿り着けます。

流域をめぐる八百屋としてはベストな場所だとおもっています。オ

ガクロの拠点「わろうだ」(地図上の青丸印)にも30分で辿り着けます。

f:id:organiccrossing:20180204205216j:image

さて、そんな山本ですが実は日本三大造園の街として知られていて、

とても歴史のある町なんです。

歩いてみると周りはほんとうに造園屋さんばかりで緑がいっぱい。

ガーデニング好きな方には「あいあいパーク」が有名かな?

f:id:organiccrossing:20180204205533j:image

駅の側にはいまや野菜栽培にも欠かせない「接木(つぎき)」の技術を開発した

坂上頼泰(さかのうえのよりやす)の碑がたっていたりします。

まさか接木発祥の地が山本とは!驚きです。

他にも様々面白い歴史がありそうなので、

これからいろいろと歴史を紐解いていきたいと思います。

(八百屋の仕事かどうかはわかりませんが(笑))

店舗は改装後、3月中のオープンを目指して準備中です。

またブログでご報告していきますね。

今後のオーガニッククロッシングの形態ですが、

出口はいままで通り八百屋カーでの移動販売を続けます。

店舗は妻が切り盛りしていく予定です。

店舗のオープンに伴って八百屋カーの販売ルートの見直しや

時間の調整が必要になってくる可能性があります。

まだ詳細を詰められていないのですが、その際はご報告いたします。

オガクロも8年目に入り新たな挑戦になります。

これからも八百屋カー、店舗含めてよろしくお願いします(*^▽^*)

 

オーガニッククロッシング
出口晴久