やさいとせかい

「めぐる八百屋 オガクロ」と「走る八百屋カー オガクロ」のオーガニック クロッシングです。

三島独活(うど)のこと。

三島独活(うど)。薄暗い小屋の中に積まれた敷藁の下から少し輝いているようにも見える真っ白な独活の姿が現れました!凄い!
f:id:organiccrossing:20210222065123j:image

f:id:organiccrossing:20210222065250j:image

f:id:organiccrossing:20210222065144j:image
収穫したてをその場で頂くとサクサクした食感と瑞々しさ、あとから広がるスッキリした甘さと鼻から抜けていく香りが清々しい!

f:id:organiccrossing:20210222065203j:image

独活から春の訪れを感じる、という意味がわかったような気がします。
-
オガクロの家から近い三田の伝統品種「三田独活」は皮が少し赤いのですが、三島独活は真っ白!選抜に選抜を重ねて白いものを残していくのだそうです。
f:id:organiccrossing:20210222065232j:image

f:id:organiccrossing:20210222065927j:image
地域でただ一軒、江戸時代から続く伝統的な農法を忠実に継承しながら三島独活を育てている千提寺farmさん @sendaijifarm 。
-
師匠が栽培をやめるという話を聞いて「途絶えさせてはいけない」と一念発起し、2014年から弟子入りし栽培技術を受け継いだそうです。
f:id:organiccrossing:20210222065321j:image

f:id:organiccrossing:20210222065946j:image
敷藁として使う稲藁を得るために天日干しでお米を栽培することまでひとつながりになっている独活栽培。温度管理が難しくここ数年の気温の乱高下で厳しさも増していると話されていました…。
f:id:organiccrossing:20210222065334j:image
独活は「独りで生きる」と書くけど「独りでは生きられない」を合言葉に、独活の「株主」を募集して株主のみなさんと家族と一緒に困難を乗り越えている姿が印象的でした。
f:id:organiccrossing:20210222065347j:image

f:id:organiccrossing:20210222065353j:image
僕も来年は株主になってこの伝統的な独活栽培が継承されていくことに協力できたらと思っています。詳しくは千提寺farmさんのFacebookページやInstagramアカウントを見てみてくださいね。
-
#三島独活 #固定種 #在来種 #めぐる八百屋 #八百屋CAR #オガクロ