やさいとせかい

「めぐる八百屋 オガクロ」と「走る八百屋カー オガクロ」のオーガニック クロッシングです。

超大型台風21号が来た!農家さんの状況

今週も台風22号がやってきました。21号で緩んだ地盤にまた雨が降ることで大きな災害につながらないことを祈っています。

崖の側で雨のあと、晴れていても水が流れている場所があります。乾いた道路がそこだけ濡れていたりするのでわかると思いますが、そういう場所は土砂崩れが起きやすいので気をつけてください。数年前の隣村での土砂崩れや、今回能勢と篠山の県境付近の土砂崩れもそのような箇所で起こっています。

ここから前回の続きです。

台風の翌日は停電や携帯不通の影響もありバタバタしていたのですが、次の日は農家さんの被害の状況を確認するため猪名川、能勢を回りました。

まず猪名川源流の村で畑をしている山田屋の山田くんの畑へ。

f:id:organiccrossing:20171029122901j:image

山田くんの畑は茅葺古民家と棚田が広がるとても綺麗な場所にあります。標高が高いため昼夜の気温差が大きく、源流なので水も綺麗でとても美味しい野菜が育ちます。この日も遠くから見ると何事もないように見えます。しかし近づいてみると思ったよりも厳しい状況であるこもがわかりました。

土からでている箇所からすべてなぎ倒された赤ネギたち。ニラも折れていました。

 f:id:organiccrossing:20171029132122j:image

根っこから吹き飛ばされ転がっていたブロッコリー。白菜も飛ばされていました。

 f:id:organiccrossing:20171030113550j:image

15cmほどに育っていた葉物の苗も軒並み倒されてしまっています。

 f:id:organiccrossing:20171030113632j:image

トタン屋根の作業小屋は傾き、屋根は飛ばされ、畑のマルチも風で飛ばされ剥がれていました。

山田くんの話ではネギやニラは回復するものの、葉物は回復するのは難しいだろうということでした。いまから苗を準備できれば良いのですが、夏に比べて冬は植え付けが遅くなると気温が低くなると成長が止まってしまうため間に合わない可能性が高いのです。「台風は防げないから…。仕方ないっすね。」と誰に言うともなく呟いていました。

山田くんにはある程度の状態の野菜であれば状況を伝えながら販売することを約束し、次に少し下流にくだったところにある「片山農園」片山くんの畑へ。

前回白い花が咲き乱れていた蕎麦の畑。

 f:id:organiccrossing:20171030113708j:image

今回の風ですべて倒されています。

f:id:organiccrossing:20171030113740j:image

片山くん曰く、初日は倒木が道路を塞ぎ畑までたどり着けなかったようです。翌日には辿りついたけれど畑は水浸し。排水路を掘って必死に水を抜いたそうです。

いまから出荷をしていこうとしていたハヤトウリ(片山くんのハヤトウリは美味しい!と大人気なのですが…)も傷だらけになってしまいました。ある程度の傷のものは出荷させてもいますが、残念でなりません。 

猪名川の最後はさらに下流の「トミーファーム」富永くんの畑へ。

富永くんの畑は川沿いにあるため、大雨が降ると常に浸水してしまうそうです。今回も例にもれず浸水してしまいました…。排水して倒れた苗を起こし、追肥をしてやってなんとか持ち直してきましたと言っていました。

富永くんは水害を受けない場所の土地を買いビニールハウスを建てることが目標です。

能勢の今堀くんの畑は風の影響はそれほどなかったようですが、長雨からの台風で畑が水浸し。もともと水が流れ込んで来やすい畑ということもあり、一向に水が引かず、ロメインレタスやレタスなどは湿害で傷んでしまい出荷できなくなってしまいました。また冬の主力であるにんじんもこのまま水がひかないと土の中で腐ってしまいます。台風22号の影響もありそうです。

同じく能勢の「べじたぶるぱーく」植田くんの畑も大雨のたびに浸水被害を受ける畑があり、今回もレタスなどが大きな被害を受けてしまいました。また順調に育っていた白ネギも折れたり曲がったりという被害がでていますが、こちらもある程度の状態であれば販売させていただきます。

今回の台風は雨も長時間続いたものの土砂降りになることは少なく、それよりも風の被害が目立っていました。近隣の村でも人の胴ぐらいある大木が折れたり、電柱や道路標識、柵が倒れたり、屋根が吹き飛ばされたりと様々な被害があります。

気候変動の影響で海水温が高い状態が続く限り、台風は今後ますます巨大化しながら上陸する可能性があります。今後はいままでのような対策だけでは災害は防ぐことができなくなるかもしれません。