やさいとせかい

「めぐる八百屋 オガクロ」と「走る八百屋カー オガクロ」のオーガニック クロッシングです。

焼き肉のタレ プロジェクト その3・自己紹介的な 続き

スリランカデザートとミルクティーを堪能したあと、うめうめFARMさんの農地を見せてもらうことに。

宝塚に農園があるなんて、びっくりです!

f:id:organiccrossing:20180811163834j:plain

 

うめうめFARMさんは・・・

植木の生産や園芸の関連の産業が盛んな宝塚で、祖父がやっていた畑を野放しにしてしまうのは悲しいと、緑地を維持するために始めたそうです。

柑橘類・すもも・柿・いちじくなどの果樹と合間にやさいを無農薬でやってらっしゃいます。

オガクロで扱わせてもらったのは昨年の冬ぐらいから。ていねいに選別してくれキレイな状態で納品してくれるので、くだものへの愛情が伝わります。

 

f:id:organiccrossing:20180811164006j:plain

思ってた以上に広ーい!

f:id:organiccrossing:20180811164126j:plain

ブラックベリーが色づく手前。

シカやイノシシはでませんが、カラスが果物を狙っているんだそうです。高いところから見下ろして、うめうめさんが帰るのを待っているんですって。なんとも憎らしい!

 

農園は別の場所にもあり、そこにはあのすももの木が!

f:id:organiccrossing:20180822141355j:plain

大きい~!

これだけ大きいと収穫も大変ですね。根元に置かれた梯子が高い。

おじいちゃんが植えたものなので品種は分からないそうです。

 

f:id:organiccrossing:20180822141657j:plain

 木を見ながら少し神妙な気持ちでした。

 

おじいちゃんが植えたすももの木。

たくさんの実がなって、それがゆえにたくさん実を落としてしまったり、収穫が追い付かず取りきれなかったり。そのすももを活かすことが私にはできるだろうか?Hitsuji-doさん、うめうめFARMさんに声をかけてしまったけど、商品にまでもっていって、かつ喜ばれるものにできるだろうか?

ミルクティーを飲みながら話した時のドキドキとはまた違う、ふと沸いて出た不安なきもち。

 

そしてこの日、熟したすももはHitsuji-doさんの手に託され、じゃあ作ってみるわ!という笑顔に少しほっとさせてもらい解散となりました。

頼みました!Hitsuji-doさん!

 

 オガクロ まゆみ

 

つづきはこちら↓

organic-crossing.hatenablog.com