やさいとせかい

「めぐる八百屋 オガクロ」と「走る八百屋カー オガクロ」のオーガニック クロッシングです。

麹で甘酒

甘酒の仕込み方を知りたいとのリクエストがあったのでアップしてみます。

ていねいとは言い難い仕込み方法ですが、大丈夫。私は炊飯器で仕込みます。

f:id:organiccrossing:20180216224510j:plain

 材料は麹、ごはん、水の3つ。

もちろんもち米のほうがいいのでしょうが、家庭で毎日食べるごはんで十分です。

 材料は

ーーーーーーーーーーーーーーーー

麹300g、ごはん300g、水900g

ーーーーーーーーーーーーーーーー

この日は保温されていたごはんだけでは足りなかったので冷蔵庫でタッパーに入っていた数日前のごはんも足しました。

お水を加えて火にかけ、おかゆを作ります。出来上ったら火を止めて冷まします。60度以下にはしてください、麹菌が死なないように。

今回は朝におかゆにして出かけたので、もう完全に冷えた状態になってました。

冷えていても大丈夫。 

炊飯器に入れて、麹を加えます。

f:id:organiccrossing:20180216230009j:plain

まぜまぜ。

今回は玄米麹を使いました。

白米麹のほうが甘く仕上がります。 

ひたひた~な状態にしたいので、

水分が足りなそうな場合は水を加えてください。

これぐらいでいいです。

f:id:organiccrossing:20180216225700j:plain

そして「保温」スイッチをオン!

これが重要です。

「炊飯」ではなく、「保温」です。 

蓋は閉めず、濡れ布巾を蓋の代わりにかけます。 途中で乾くので、濡れタオルのほうがいいかもー。

f:id:organiccrossing:20180216230446j:plain

 そして一晩・・・

f:id:organiccrossing:20180216230713j:plain

朝になったらできてます!

こんなかんじ!

f:id:organiccrossing:20180216230035j:plain

甘酒の独特な香りがしています。 

このごろは間食に毎日いただいています。そのままでも、あっためても(60度以下だと麹菌が生きたまま摂れます)、

水やリンゴジュースで薄めても。

麹の味が気になる方は、レモンやゆずの果汁を入れると飲みやすいです。

f:id:organiccrossing:20180216232119j:plain

レーズン入りの天然酵母パンを浸しながら食べてもおいしいですよ~。

一晩漬けて、ココナッツフレークをかけると立派なデザートになります。

そのほか、料理にいろいろ使えます。

みりんがわりに煮物につかったり、お菓子作りにつかったり。

味噌としょうが汁と合わせてディップにするのがお気に入りです♪ 

つぶつぶが気になる方は、ミキサーでなめらかにしてみてください。

f:id:organiccrossing:20180216233156j:plain

冷凍保存もできますよ! 

オガクロではありがとんぼ農園さんの白米麹・玄米麹を取り扱い中です。

※麹は冷凍保存できますが、冷凍→解凍した麹で甘酒を作って失敗したという話を聞いたことがあります。甘酒を作る場合は新鮮な麹を使うほうが無難かもしれませんね。